« 旧友との再会と発見 | トップページ | 考察しつづけるしつこさ、がつーんと感じる力 »

マイケル、うつくしい人

ANVIL!を観すぎて(7回!)マイケルを観るのを忘れそうになり、

あわててチケットをとり、観にいってきました。

Michael

.

←記念に買ったマイケルの缶バッジ

.

新宿ピカデリー、

すごい久しぶりに行ったけど、

すごいきれいになってた。

ネットでチケット予約もできるし。

ANVIL!とはまた全然ちがった感動ですが、泣きました。

(涙の量は、アンヴィルのほうが10倍くらい多かったけど)

.

もしマイケルが生きていたら実現していたはずの

ロンドンでのコンサートのリハーサル風景や

コンサートで使われるはずだったスペクタクル映像など、

貴重な貴重なメイキング映像を編集したもので、

それだけでも価値のあるものだとおもいますが、

.

世界中からオーディションで選ばれた一流のダンサーや、

マイケルの欲しい音を忠実に作り出せる一流のミュージシャン、

一流の照明、一流の映像、一流の音響、一流の舞台装置、

一流の衣装、一流の特殊メイク・・・・・

.

世界中の一流の才能が集まって、

サイコーの舞台を作ろうとしているその様子は、

想像以上に穏やかで・・・

そこに感動した。

.

一緒に舞台をつくっている仲間を、

みんながお互いにリスぺクトし、お互いに好きで、

っていうのが伝わってきて。

.

マイケルを筆頭に、みんな、態度が穏やか。

そして、言葉づかいが綺麗。

.

PleaseとかGod bless youとかI love youとか、

そういう肯定的な言葉で会話していて品がよい。

.

マイケルは、決して声を荒げることはなく、

慎重に、スタッフとコミュニケーションをとってた。

.

舞台は、もうすごいスケールで、圧倒的なエンターテイメントで、

私も観に行きたかった!!!

日本の新木場で行われていた、マイケルと生写真が撮れるとかいう、

チケット10万円のへなちょことなイベントなんかに比べると、

やはり、これだけのレベルのものがロンドンで上演されるって、

やはり文化レベルの違いを感じてしまう。

.

あとは、本番を待つだけ、というところまで行ってたことを知ると、

関わった人たちやファンは本当にやりきれないだろう、

この映画を観るのもつらいかもしれない。

.

マイケルの、サイコーのものを作ろうとする静かな情熱

そして、それをただただ実現するために、合理的に、冷静に、

やるべきことを淡々とやる姿勢に、

マイケルの人としての美しさ、品の良さをみた。

.

そして、マイケルのもう一つの功績は、

マイケルの次世代の才能をインスパイアし、開花させたってこと。

.

子どものころマイケルの音楽に出会い、

音楽やダンスに目覚めた人は数えきれない。

そのなかから一流になった人たちが、

テレビやレコードでマイケルに出会った10年後、20年後、

マイケルのステージを支える人材になっているのだ。

.

帰って、マイケルのMEMORIAL SERVICEの動画をいっぱい観て、

あらためてマイケルを偲びました。

アッシャー、マライヤキャリー、スティービーワンダー、ジェニファーハドソン・・・

We are the world は、This is it でもコーラスをつとめた

アジア系の女性シンガーがメインで歌っていて、

それも感慨深かった。

そして、やっぱりジャクソンファミリー・・・・・

.

マイケルには、ちゃんと暖かいファミリーがいたんだと、

最後のお別れで感じることができて、よかった・・・

5歳から舞台にたってたマイケル、

キャリア45年・・・。

そう考えると、ANVIL!の30年っていうのは、まだまだ、

っていう見方もできるね。

|

« 旧友との再会と発見 | トップページ | 考察しつづけるしつこさ、がつーんと感じる力 »