« 90年代はじめのアメリカに留学し、メタルにかぶれて帰国した妹 | トップページ | マイケル、うつくしい人 »

旧友との再会と発見

105

今日は、大学の学部時代の旧友と、

西荻昼市へ!!

大学を卒業したのが96年、

あれから13年・・・

それぞれ子どもができて、

親になったのをきっかけに 久々に連絡を取り始めたんだけど、

今回、みんなで集まって、 ほんとに楽しかったーー。

.

一人は、中野学而くんといって、

学生時代は、ずーーーーーっとバンドをやってた、

博多出身のロック男子,

佐藤良明先生のPOP文化論や、

柴田元幸先生の授業にしびれた仲間。

英文科にいるときにCDも出したり音楽活動を経て、

今は東京女子大でアメリカ文学を教えてる。

ラバーソウルの弾みかた  ビートルズと60年代文化のゆくえ (平凡社ライブラリー) Book ラバーソウルの弾みかた ビートルズと60年代文化のゆくえ (平凡社ライブラリー)

著者:佐藤 良明
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

翻訳夜話 (文春新書) Book 翻訳夜話 (文春新書)

著者:村上 春樹,柴田 元幸
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

.

12年つきあって昨年結婚したパートナーが、

来年の1月に出産予定。

さっそく来週のにんぷクラスに誘ったりして、

おせっかいやいてます(笑)。

.

もうひとりは、佐々木恭子ちゃん、

いまではすっかり有名なアナウンサーだけど、

性格のよさから、テイストのおもしろさから、

学生時代と変わってなくて。

.

恭子ちゃんの妊娠中に連絡をとりあって、

出産前に再会し、産後には、

学芸大学のマドレのクラスにも参加してくれました。

.

それでも、笑顔で生きていく。 Book それでも、笑顔で生きていく。

著者:佐々木 恭子
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日はそれぞれのパートナーも一緒に集合して

こうして家族が増えても会って

楽しい会話ができる幸せを かみしめながら、

自転車をこいで家に帰りました。

.

やはり、今日、旧友と話していて、

すごく、大学1,2年に関心をもっていたことって、

今の自分の原点にもなっていて。

そのころに読んだものや、体験したものが

、実は マドレボニータの産後プログラムの

土台になっていることに あらためて気づいた。

.

それは、私だけじゃなくて、

大学でアメリカ文学を教えている学而くんも、

いま学生に熱く語っているレイモンドカーヴァー論は、

卒論のときから考察していることだといっていて。

.

そういうことも、再発見しつつ、

そういう背景をリアルタイムで共有している友達がいて、

そのことを10数年たっても

安心して話題にできる嬉しさもあった。

.

これは旧友と時を経て再会したからこその大発見!

.

あと、けっこう自分でも意外だったのは、

学而くんも、恭子ちゃんも、結婚して、

やさしいパートナー&カワイイ赤ちゃんを

連れてきていたんだけど、

いまだ独身の自分をあんまりミジメにおもわなかったってこと。

ま、自分が若くして出産してるので

その点では先輩かぜ吹かしてるっていうのも

あるかもしれないけど(笑)

.

楽しい時間を過ごして、

また仕事復帰まえに会おうね、

っていう約束をして、

なんだか幸せな気持ちで自転車をこいで、

その足で、 息子がサッカーの練習をしている校庭に寄って、

校庭当番をしていたまついなつきさんとおしゃべりして、

しおくんを旅行につれてく約束とかをして、

.

あと、一緒に学年代表をしているSさんを呼び出して、

卒団の打ち合わせをしたり、

忘年会の打ち合わせをしたりして、

.

こうやって地域にも友達がいることを、

また幸せにおもって。

.

近年のコンカツブームに、

うっかり翻弄されていた自分がバカらしくなったわ。

夏になると、人間おかしくなるのか、

結婚、ほんとにここで諦めたら

一生独りなんじゃないか、 とか、

とくにこの夏は、とても焦ったりしたのですが、

.

ここ数カ月でそのビョーキも収まり(笑)、

自分は若くして結婚に失敗したけど、

子どもに恵まれたおかげで、

結婚に失敗したことも含め

たくさんの貴重な経験をさせてもらった

って 今日、心を許せる旧い友達に会って、

そういうふうに素直に思ったのでした。

.

大学生のときには、携帯もメールもなかった時代。

その時代の友人って、貴重だわ。

そして、そんな固定電話しかなかった時代の友人と

今はメールでもやりとりしてる不思議。

今日、帰って、こんなメールを出したのでした。

.

マコです。今日はとっても楽しかったです!!

旧友にこうして会って話したりできる幸せを

かみしめながら自転車こいで帰りました。

私はその足で息子の少年サッカーの校庭に行き、

団のチチハハたちと卒団の打ち合わせを

夕方4時すぎまでしてました~。

子どもができると、こうして地域に友達ができて、

旧友とも再会できて、仕事仲間にも恵まれて、

人間関係の幅が広がってホントに楽しいよね。

学而くんのお連れ合いも、恭子ちゃんのお連れ合いも、

ほんとに素敵な人で、こうして家族ぐるみで

お会いできることも、とても嬉かったです。

どうぞよろしくお伝えください。

私は若くして結婚に失敗してしまいましたが、

子どもに恵まれたおかげでここまでたくさんの

貴重な経験を積むことがができたので、

結婚は、まぁ、焦らず、欲張らず、

チャンスがあれば・・というかんじで、

肩の力をぬくことにしました。

一時期は「コンカツ」とかいう言葉に

うっかり焦りそうになったけどね。

ではでは、みんな子持ちになったところで、

またちょくちょく会いましょーね☆

|

« 90年代はじめのアメリカに留学し、メタルにかぶれて帰国した妹 | トップページ | マイケル、うつくしい人 »