« 宮崎駿監督と名古屋市の河村市長 | トップページ | 卒団へのカウントダウンが始まる。 »

試合の引率者を決める

090907 9月は、

毎週のようにサッカーの試合。

毎回毎回が、今年で最後、

かけがえのない瞬間

とおもい、できるだけ応援にいくようにしてます。

1年生のときから知ってる子たちが、

6年生になって、ほんとにたくましく、声を出して、

励ましあって、真剣に試合に取り組んでる姿は、

ほんとに涙がでるほど感動ものです。

昨日の試合は負けてしまったので

来週の試合はなくなったのですが、

今日の試合は、なんと!

1回戦は7-0で勝ち進み、2回戦では、

杉並区でも1位2位を争う強さの名門チームに

1-0で勝つという快挙をなしとげ、

準決勝へ進むことに。

学年の世話係をしている私は、

さっそく連休の引率者を決める手配

というお仕事が発生。

20,21,22と連続で試合が入ることになり、

それぞれの日に2人ずつ引率者を決めなければならず。

.

保護者の携帯メールに一斉に募集のメールを送ると、

30秒後に返信をくれるかたも。

30分ほどでほぼ担当者が決まり

最後の1人も、もういちど募集をかけたらすぐに決まり、

だいたい1時間くらいで決まりました。

.

6年生は試合も多くて、引率も何度もあるんだけど、

みんな、積極的に協力してくれてありがたい。

助け合いの精神というか。

しかも、今日は、試合に勝って、

保護者たちもみんなゴキゲンで、

携帯メールにも、喜びの声や絵文字が並び、

楽しい夕方でした。

学年が始まってもうすぐ半年、

送った連絡網の携帯メールは60通。

連絡網を見ましたとうい確認のメールや

引率の募集や人数の調整など、

こまごましたメールのやりとりは、1000通を超えてる。

でもこういうやりとりは、

心温まります。

私のこころのオアシス。

.

でも、携帯メールはいまだに

うつのに時間かかるので、

PCで文面作成してから携帯に転送して、

みなさんに配信したりしています。

|

« 宮崎駿監督と名古屋市の河村市長 | トップページ | 卒団へのカウントダウンが始まる。 »