« 注目している芸人 | トップページ | B級裁判傍聴記 »

1Q84

読み終えました・・・

1か月前から予約して楽しみにしてた小説、

やっぱり期待をまったく裏切らない精度の高い作品でした。

主人公も、題材も、まったくもって多数派には属さないこの小説が、

ニュースになるほど売れまくっている、ってどんな現象なんだろう?

青豆や天吾のようなメンタリティや生き方、

極端に見えるけれど、

その程度の差があるだけで、

誰もが抱えている何かにシンクロするのかもしれない。

にしても村上春樹のストーリーテリングの技術がスゴすぎて、

物語が、日常にも流れ込んでくるような錯覚に陥る。

こわい夢をみたり。

ほんとにスゴイ。

一流の小説家の仕事・・・

文句のつけようがない。

|

« 注目している芸人 | トップページ | B級裁判傍聴記 »