« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

引率を終えて

2007_0924svpt20070006のこったパンを競って

じゃんけんする子どもたち

元気だなぁ・・・

サッカーの公式戦を終えて、

近くの公園で、

保護者の差し入れのパンを食べさたのでした。

試合に勝ったので、浮かれちゃってて、

引率は帰りのほうが大変でした!

おうちに帰るまでが試合です!

って遠足みたいなことをコーチに言われましたが、

そんなことは忘れちゃってて(笑)。

2007_0924svpt20070007

次の日も試合なので、

ベンチのコがつけるゼッケンを洗濯。

午前中に乾かさなきゃ。

うちの息子は、

なんと、試合の前日に手首を捻挫してしまい!

試合には出られず、ずっとこのゼッケンをつけて、

ベンチで応援していました。

|

試合のお当番

サッカーの試合の引率っていうのは、

けっこう大変でして、

写真撮る暇ありませんでした・・・・

2007_0924svpt20070002_2かろうじて、ボールの写真を・・・

こういう、ボールネットとか、

荷物を置く敷き物を持っていくのも

引率の保護者の役目。

そのほか、給水タイムに、

薄めたスポーツドリンクやおしぼりを配ったり、

鼻血出したコがいれば手当てをし、

すりむいたコがいれば消毒して、

というかんじで結構忙しいです。

最後に、やっとこの写真とれました。

2007_0924svpt20070003帰りに、グランドに挨拶する子どもたち。

この光景にはいつも感動しちゃいます。

このあと、私たち保護者にも、

おっきなこえで

ありがとうございました。

って挨拶するんです。

2007_0924svpt20070004
いつも涙でそうになります。

|

引率

3連休の1日目(土曜)は、

子どものサッカーの初めての公式戦、

私は引率で、

隣町の小学校まで、

歩いて、子どもたちの引率を。

2007_0924svpt20070001_2


はい、2列に並んでー!

ヒロト!そこ広がらない!

リョータロー!あいだあけない!

よその子も、完全に呼び捨てです(笑)。

|

残暑のあさがお・その2

2007_09160001

こちらは、白いあさがお。
ツルが、他の枝ものに巻きついてしまってるんだけど、
コレはコレでワイルドなかんじで
気に入ってます。

(写真をクリックすると拡大します。)

|

学童クラブ父母会キャンプ

2007_09130025
学童クラブの父母会のキャンプ!
写真は、バスの中でビンゴをやりながら、
子どもたちのゲロの世話をしてくれてる
あるお父さん(Kさん)の背中・・・。
ありがとうございます・・・・・・・。
うちの息子も、隣の子がゲロってて
もらいゲロしてました・・・
それも、Kさんが世話してくれました・・・
ほんとにスイマセン!!
(だってその子、朝から「エチケット袋ゲロゲロ」って書いてある袋をずっと口にあててるんですよ(笑)そりゃ、酔いますわ。)




Camp
バスをおりたら、
ゲロってた子たちも
いきなりご機嫌に!


うちの息子は4年生なので、
なんと4回目の参加です。


4年生の母ともなると、
ほんとに自分の子どもには
手がかからないというか、
自分の子の面倒をみなくてよくて、
(ママじゃなきゃダメ、というのが
ほとんどないので)
誰かしらが面倒みてくれて、
自分はよその子の面倒を見る
というかんじで、
本当に気がラクです。


しかも、食事の支度とかも、
適当に手伝いつつ、
メインでやってくれるのは
お父さんたち。
2007_09130046
ありがとうございます!!



で、お母さんたちは、
ビールを飲みながら
おしゃべりしたり、
普段は喋れない女の子たちと
ガールズトークしたりして、
ほんと楽しかった。
2007_09130040
竹で水鉄砲をつくったり。


子どもたちが水鉄砲で水遊びをしてる間、
お母さんたちは、昼寝(笑)。
1時間くらいの昼寝から起きて
「為末が夢にでてきた!こんなの初めて!」
と寝ぼけてはしゃぐ私。
「何?あの陸上の?」と適当に流す母たち(笑)
リラックスしすぎです。なはははは。


2007_09130049
母たちが昼寝してる間に
小学生の女の子達が、
こんなアレンジメントを・・・
うっとり☆

|

残暑のあさがお

2007_09130088

あさがおの種をまくのが遅くなってしまって、

今日、やっと花をつけてくれました!

きれい☆

|

夕焼け

2007_09130086

昨日は夕焼け
綺麗だったね。

|

喪服

昨年、喪服を買った。

33歳でちゃんとした喪服を用意するというのも、

ちょっと出遅れている気がするが、

それまでは、あまりそういう機会がなかったのだ。


なんだか、友人の結婚式ラッシュとかを経験するまえに、

お葬式のほうが増えてしまった・・・

こんな30代女子って、

今の時代、

意外と多いのではないだろか。

とはいえ、こういうことには、まだまだ慣れず、

いちいち、あたふたしてしまう。


先週、いつもお世話になっている

世田谷のマツダさんのお父様の訃報に接し、
(お仲間のノゾミさんが携帯に連絡をくださった)

地域に根ざし、人生を謳歌するカッコイイおじさん

で有名だったお父様に思いをはせつつ、

あたふたしながら、ネットで調べつつ、

昔はこういうの、

実家に電話して聞いたりしたのだろうなぁ

とおもいながら、

結局、斎場に電話したり、

ノゾミさんに電話して確認したり、

マドレ関係者で有志を募ったり、

マドレ事務局の山田嬢にお花の手配をお願いしたりして、

本当に情けないほどあたふたしながら、

お花、弔電、お悔やみの手紙などを用意した。


お通夜、お葬式ともに、

学童のキャンプとちょうど重なっていたため、

参列できず、

代理の人を見つける時間もなく、

どうしよう・・・・とおもいながら、

いろいろと調べていたら、

「やむを得ず参列できない場合は、

現金書留でお香典を郵送します。 」

ということを知り、

震える手で、

喪主であるお母様に、

お悔やみの手紙を書いた。


マツダさんのお父さまの

ご冥福をお祈り申し上げます。

お嬢さんのタエコさんには、引き続き、

お世話になります・・・。

偉大な娘さんですよ。


|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »